玉ネギは正義 洲本の弁護士

 









弁護士費用に関するご説明          

「法律相談料」
お客様に対して行う法律相談の対価を言います。

「着手金」
案件の性質上、結果に成功不成功があるものについて、その結果の如何にかかわらず受任時に受領する委任事務処理の対価を言います。 

「報酬金」
案件の性質上、結果に成功不成功があるものについて、その成功の程度に応じて受領する委任事務処理の対価を言います。 

「手数料」
原則として1回程度の手続、または委任事務処理で終了する案件についての委任事務処理の対価を言います。


法律相談料
30分5,250円(以降、30分毎に5,250円)

 [民事事件一般]
 経済的利益の額  着手金 報酬金
〜300万円  経済的利益の8%×1.05 経済的利益の16%×1.05
300万円〜3,000万円  (経済的利益の5%+24万円)×1.05 (経済的利益の10%+48万円)×1.05
3,000万円〜
3億円
 (経済的利益の3%+159万円)×1.05 (経済的利益の6%+318万円)×1.05

※着手金の最低金額は10万5000円となっております。(事案によってはそれ以下に減額することもあります)
※経済的利益の額は、債権総額や対象物の時価を基準に算定致します。
※案件の難易度、事務処理量を考慮し、30%の範囲内で増減することがあります。


 [債務整理]
 任意整理
 (非事業者の場合)
 着手金:2万1000円×業者数
 報酬金:債権者主張の元金と和解金額との差額の10.5%と回収した過払金の21%の高い方。
 自己破産
 (個人)
 着手金:31万5000円
 報酬金:52,500円
 自己破産
 (法人)
 着手金:52万5,000円〜
 法人及び事業者の場合、弁護士費用とは別に裁判所への予納金(20万円〜)が必要になります。
 個人再生  着手金:31万5,000円
 報酬金:52,500円
 過払金返還請求  着手金:2万1,000円×業者数
 報酬金:回収した金額の21%


 [離婚]
 着手金(報酬金)

交渉・調停案件21万5000円(10万5000円)
訴訟案件 10万5000円(10万5000円)
訴訟の段階から受任する時は着手金31万5000円

※交渉・調停案件受任後に訴訟案件に移行する場合、追加着手金10万5000円を申し受けます。
※離婚に財産分与・慰謝料等の財産給付を伴う場合、その経済的利益を基準として民事事件一般の規程により算定した額を上限として報酬金を加算させていただきます。


 [相続]
 遺産分割

民事事件一般に準じます。
基準となる経済的利益は、対象となる相続分の時価相当額とします。ただし、分割の対象となる財産の範囲及び相続分について争いのない部分については、その相続分の時価相当額の3分の1の額を経済的利益とします

 遺言書作成

手数料:10万5,000円〜

 相続放棄

手数料 5万2500円


 [内容証明文書作成]

手数料:依頼者本人名義で作成する場合 2万1000円
弁護士名義で作成する場合 3万1500円
※いずれも、文書送付後、相手方との交渉が必要となる場合は、別途費用を申し受ける場合があります。


 [交通事故]

民事事件一般に準じます。
自賠責請求の場合、給付金額が150万円以下の場合5万2500円、150万円を超える場合給付金額の3%


 [成年後見審判申立]

手数料:10万5,000円


 [刑事・少年事件]
    着手金 報酬金
事実に争いのない通常の事件  31万5,000円  31万5,000円
事実に争いのない重大または複雑な事件  42万円  31万5,000円〜
事実に争いのある事件  52万5,000円〜  63万円〜

上記の金額は、いずれも標準的な金額であり、案件の難易度に応じて増減があります。
難解な案件や特殊な案件はもちろん、ご希望により弁護士費用の見積書を無料で作成致しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。